オーダーメイドランドセルでシュミレーションはできるの?

オーダーメイドランドセルは、色やデザインなどお子さんの好きなパーツを選んで組み合せることで、既製品にはない自分だけのお気に入りのランドセルを作ることができます。

 

オーダーメイドランドセルには、素材・本体の色・ヘリの色・背あての形や色・刺繍・カブセの鋲のデザイン・内装のデザインなど、メーカーによって違いますがすべて選ぶことができものを「フルオーダー」、色やデザインだけを選ぶことができるものを「セミオーダー」といいます。

 

しかし、近年ランドセルのカラーやデザインなどのバリエーションが豊富になってきたこともあり、オーダーメイドランドセルも選択肢がたくさんあるためどれがいいのか分からなくなってしまい、注文をしたあとに後悔をしてしまうということもあるため注意が必要です。

 

オーダーメイドランドセルを作ることができる各ランドセルメーカーでは、選べる範囲はメーカーによって違いますが、公式ホームページで決まった順番に沿って色やデザインなどのパーツを1つずつ選んで、シュミレーションをすることができるので参考にしてみましょう。

 

オーダーメイドランドセルは基本的に受注個数が決まっているので、ほとんどのランドセルメーカーや工房系のどちらにも申し込みの締め切りがあり、ブランドによっては受付が早めの9月に終了してしまうところもあります。

 

そのため、オーダーメイドランドセルの購入を考えている場合には、各メーカーの公式ホームページなどで申し込み開始がいつからなのかをチェックしておくことをおすすめします。

 

メーカーによって選べるパーツなどが変わりますが、オーダーメイドができる人気のブランドを紹介しますのでぜひ参考にしてみて下さい。

 

おすすめのオーダーメイドができる人気ブランドを紹介します!

 

ふわりぃのオーダーメイドランドセルには、「フルオーダー」「イージーオーダー」「障がい児用Uランドセル」があり、その他にかぶせ(ふた)を1枚プラスする「きせかえ」を選ぶことができます。

 

フルオーダー(14項目)

  • 本体素材と本体カラー
  • コンビカラー(オプション)
  • ステッチ(糸)カラー
  • カブセ(フタ)デザイン
  • カブセ飾り鋲
  • 背あてカラー
  • 大マチデザイン
  • ファスナーグリップ
  • 肩ひも防犯ブザーフック
  • ポケット・窓枠
  • 内装柄
  • 前締め鋲
  • チェストベルト(有料オプション)
  • 名入れ
素材 クラリーノ エフ、クラリーノ レミニカ、クラリーノ タフロック
重さ 約1,150g(付属品は除く)
サイズ(内寸)

A4フラットファイルサイズ対応
幅23.5cm×30.5cm×マチ12cm

注文方法 オンラインで受付
納期

毎月月末に締め切り⇒締め切りから70日前後でのお届け
最終締め切りは2019年1月3日(3月末お届け)

価格

クラリーノ エフ 63,720円(税込)〜
クラリーノ レミニカ 65,880円(税込)〜
クラリーノ タフロック 65,880円(税込)〜

 

イージーオーダー(7項目)

  • 本体カラー
  • ステッチ(糸)カラー
  • カブセ飾り鋲
  • コンビカラー
  • 背あてカラー
  • 内装柄
  • 名入れ
素材 クラリーノ エフ
重さ 約1,080g(付属品は除く)
サイズ(内寸)

A4フラットファイルサイズ対応
幅23.2cm×30.5cm×マチ12cm

注文方法 オンラインで受付
納期

毎月月末に締め切り⇒締め切りから70日前後でのお届け
最終締め切りは2019年1月3日(3月末お届け)

価格 51,840円(税込)〜

 

障がい児用Uランドセル(3タイプ)
■Aタイプ(コンパクト型・全カブセタイプ)全17項目(有料オプションあり)

素材 クラリーノ
重さ 約830g〜(パーツ重量除く)
サイズ

A4フラットファイルサイズ対応
(外寸)幅26cm×33cm×マチ16.5cm
(内寸)幅23.5cm×31.5cm×マチ11cm

注文方法 オンラインで受付
納期

第1回締め切り 2018年8月31日⇒2018年12月下旬頃お届け
第2回締め切り 2019年1月3日⇒2019年3月下旬頃お届け

価格 39,000円(税込)〜

 

■Bタイプ(コンパクト型・半カブセタイプ)全17項目(有料オプションあり)

素材 クラリーノ
重さ 約800g〜(パーツ重量除く)
サイズ

A4フラットファイルサイズ対応
(外寸)幅26cm×33cm×マチ16cm
(内寸)幅23.5cm×31.5cm×マチ11cm

注文方法 オンラインで受付
納期

第1回締め切り 2018年8月31日⇒2018年12月下旬頃お届け
第2回締め切り 2019年1月3日⇒2019年3月下旬頃お届け

価格 38,000円(税込)〜

 

■Cタイプ(よこ型タイプ)全17項目(有料オプションあり)

素材 クラリーノ
重さ 約990g〜(パーツ重量除く)
サイズ

A4フラットファイルサイズ対応
(外寸)幅35cm×26.5cm×マチ16.5cm
(内寸)幅31.5cm×25cm×マチ11cm

注文方法 オンラインで受付
納期

第1回締め切り 2018年8月31日⇒2018年12月下旬頃お届け
第2回締め切り 2019年1月3日⇒2019年3月下旬頃お届け

価格 37,000円(税込)〜

 


公式ホームページでシュミレーションをすることができ、色、パーツのバリエーションが多く、500本限定で本体カラー15色から115,668,000通りのランドセルを作ることができ価格もお手頃です。

 

カスタマイズ(10項目)

  • 本体カラー
  • コンビカラー
  • ポケット・窓枠
  • カブセ(フタ)デザイン
  • 背あて
  • カブセ飾り鋲
  • 内装柄
  • ファスナーグリップ
  • 刺繍(オプション)
  • 名入れ
素材 クラリーノ エフ
重さ 約1,180g
サイズ(内寸)

A4フラットファイルサイズ対応
幅23.3cm×31cm×マチ12cm
A4クリアファイルサイズ対応
幅22.3cm×31cm×マチ11cm

注文方法 オンラインで受付 限定500本
納期

1次先着 150本 2018年12月1日〜15日納品予定
2次先着 350本 2019年3月中旬〜末日納品予定

価格 63,000円(税込)〜

 


イオンのオーダーメイドランドセルには、みらいポケットのパターンオーダーFLATCUBEと、はなまるランドセル24 MYカラーの2つから選ぶことができます。

 

FLARTCUBEは最大1,080通りの組み合わせ、MYカラーは最大120万通りの自分好みのランドセルにカスタマイズすることができます。

 

カスタマイズ(6項目)

  • デザイン
  • 本体・かぶせカラー
  • コンビカラー
  • 背あて
  • カブセ飾り鋲
  • 名入れ
素材 クラリーノ エフ
重さ 約1,000〜1,200g
サイズ(内寸)

A4フラットファイルサイズ対応
■みらいポケットパターンオーダーFLATCUBE
幅23.5cm×12.5cm×31cm(背板側)、31.5cm(最高部)、中マチ:3〜8cm拡張
■はなまるランドセル24 MYカラー
幅23.5cm×12cm×30cm(背板側)、31.5cm(最高部)、中マチ:3cm

注文方法 店頭、オンラインで受付
納期

■みらいポケットパターンオーダーFLATCUBE
店頭:2018年8月31日(金)まで受付分⇒2019年2月下旬以降
WEB:2018年9月2日(日)まで受付分⇒2019年3月上旬以降
■はなまるランドセル24MYカラー
店頭最終:2018年10月1日(月)まで受付分⇒2019年3月下旬
WEB最終:2018年10月1日(月)まで受付分⇒2019年3月下旬頃

価格

■みらいポケットパターンオーダーFLATCUBE 75,600円(税込)〜
■はなまるランドセル24 MYカラー 41,040円(税込)〜

 

オーダーメイドランドセルを作るときにおさえておきたいポイントとは?

オーダーメイドのランドセルでも既製品のランドセルでも、どちらも子どもにとって1番に考えてほしいのは背負いやすさです。

 

脱ゆとり教育によって教科書が厚くなったことで荷物が増えてしまい、背負いにくいランドセルで通学することになると子どもの体に負担がかかってしまいます。

 

背負いやすさは、ランドセルのメーカーの技術によってどんどんと改良されており、背カンや肩ベルトを調整して背中のフィット感をよくするなど、「体感重量」が軽くなる工夫がされています。

 

この体感重量が軽い背負いやすいランドセルということを前提にして、色やデザインなどをオーダーメイドランドセルでお子さんと一緒に楽しく選びましょう。

 

標準機能が高いものを選ぶ

6年間安心して使用できるように、ランドセルの耐久性や耐水性、背あての部分の通気性がよく背負いごこちがよいか、暗い夜道などで車のライトがあたったときに光る反射材が側面にもついているか、防犯ブザーをつけられるフックがついているかなど、安全面もきちんと確認することが大切です。

 

また、最近ではほとんどのランドセルについているとは思う6年間修理保証も、保証の長さやその内容をきちんと確認して、ランドセルが壊れてしまったときに替わりのランドセルが貸し出ししてもらえるかなどをチェックしておきましょう。

 

細かくオーダーメイドできるかチェック

オーダーメイドとはいえ、そのブランドによって選ぶことができる部分は大きく違ってくるので、こだわりたいデザインや小さなパーツなどが自由にアレンジできるブランドを選びましょう。

 

そのブランドによって、大マチ、フック、前締めベルト、鋲の形、ポケット、ジップにつけるチャーム、かぶせの裏の内装などを選ぶことができるので、世界1つだけの自分だけのお気に入りのランドセルにすることができるのではないでしょうか。

 

シュミレーションをしてみる

オーダーメイドは豊富な色やデザインがあるため、どれがいいのか迷いだすとキリがなくいつまでも選ぶことができないので、どんな色で、どんなデザインで作りたいのかある程度イメージしておくことで、理想のランドセルに近づけることができます。

 

最近では、公式のホームぺージなどでシュミレーションをすることができるので、イメージ通りのランドセルにできるのか試してみるのもいいのではないでしょうか。

 

背負いやすいオーダーメイドランドセルを選びましょう!

6年間お気に入りのランドセルで楽しく通学できるように、オーダーメイドランドセルはお子さんの意見を反映させることができ、近年では公式ホームページでシュミレーションをすることができるので、親子でどのデザインや色がいいのかなど一緒に楽しく選ぶことができます。

 

しかし、なかにはオーダーメイドではなくても、既製品で気に入ったデザインや色のランドセルがあるから、そのなかから選びたいという人もいますよね。
そのような人には、背負いやすさを工夫しているメーカーのランドセルがおすすめです。

 

背負いやすさは、ランドセルのメーカーの技術によってどんどんと改良されており、背カンや肩ベルトを調整して背中のフィット感をよくするなど、「体感重量」が軽くなる工夫がされています。

 

オーダーメイドランドセルで親子で楽しくお気に入りのランドセルを見つけられるといいですね!